健康メモ
健康メモトップ
ご存じですか?「メタボリックシンドローム」
●メタボリックシンドロームとは・・・
メタボリックシンドロームとは「内蔵脂肪による肥満」の人が、さらに「糖尿病」「高血圧」「高脂血症」といった生活習慣病になる危険因子を2つ以上もっている状態のことです。
それぞれは治療を要しない程度の異常でも、複数重なると自覚症状がないまま動脈硬化が促進され、脳卒中心筋梗塞等の恐ろしい病気の危険性が高くなります。

【なぜ内臓脂肪が悪いの?】
内臓脂肪の蓄積により悪い物質が分泌され,血管の炎症や血栓を作りやすい状態を起こします。また,動脈硬化を抑える良い物質が減少し,動脈硬化が進みやすくなります。

●メタボリックシンドロームの判定基準

(1)内臓脂肪の蓄積

   腹囲(へそ周り)  男性85cm以上 女性90cm以上

(この数字は,腹部CT画像で精密に内臓脂肪を測定した場合,断面積100cm²に相当します。)

腹囲の測り方

立って軽く息を吐いた状態で,へその高さの周囲を測ります。(腰の一番細いところではないので、気をつけて下さい)
脂肪の蓄積で、へその位置が下がった状態のときは,あばら骨の一番下と腰の骨の出っ張った部分の中間の高さで測定します。


(2)内臓脂肪の蓄積に加え,下の項目が
2つ以上あてはまると「メタボリックシンドローム」と診断します。

 血中脂質

・中性脂肪150mg/dl以上
HDLコレステロール40mg/dl以下

いずれか,または両方にあてはまる

 血圧

・収縮期血圧130mmHg以上
・拡張期血圧85mmHg以上

いずれか,または両方にあてはまる

 血糖値


・空腹時血糖値110mg/dl以上




●メタボリックシンドロームの予防・改善には

メタボリックシンドロームは生活習慣が密接に関係しています。
生活習慣を少し改善するだけで,内臓脂肪を減らし,メタボリックシンドロームを予防・改善することができます。


こんな生活をしていませんか?自分の生活習慣をふり返ってみましょう。
○食事は満腹になるまで食べる
○間食が多い
○料理に砂糖をよく使う
○夜遅くに食べることが多い
○濃い味付けが好き
○緑黄色野菜をあまり食べない
○アイスクリームを好んで食べる
○普段から階段を使うことが少なく、エレベーターなどに乗ってしまう
○運動の習慣がない
○ストレス解消にお酒を飲むことが多い
タバコを吸っている





















メタボリックシンドロームの予防・改善の鍵は,食事と運動。
生活習慣を正して,体重管理をしましょう。毎日決まった時間(朝食前と夕食後など)に計測して,記録を続けると,どんなときに体重が増えるかが分かってきます。

アルコールの飲み過ぎ・喫煙・ストレスは悪影響です。

<食事は腹八分目でバランスよく>

●早食い・ドカ食い・ながら食いをやめる

●1日3食,決まった時間に食べる

●主食,主菜,副菜をそろえて食べる

●あぶらっこいもの,砂糖,塩分は控えめに

●野菜・海藻・きのこはたっぷりと


<適度な運動と規則正しい生活で毎日を楽しく>

1日1万歩を目指す(ウォーキングの他に,階段利用,1駅分歩くなど方法はいろいろ)

生活のリズムを守り,休息と睡眠を十分にとる

ストレスをためないように,リラックス・ストレス解消を心がける

連日の飲酒や大酒を避け,タバコは吸わない


ページのトップへ
All right Reserved,Copyright(c)KENMIN KENKO PLAZA KENKO ZOSHIN CENTER