健康メモ
健康メモトップ
風邪予防にビタミンエース(ACE)


風邪の季節となりました。風邪をひかないための体づくりにはバランスのよい食事が基本です。

1日に何をどのくらい食べればよいのか。
その目安量は食事バランスガイドでチェックしましょう。
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/eiyou-syokuji.html)


今回は風邪予防に特に有効なビタミンについてご紹介します。


ビタミンA・ビタミンC・ビタミンE 3つ合わせて 

ビタミンACE(エース)




ビタミンA
風邪ウイルスが侵入してくる鼻腔や気道の粘膜を強くする働きがあります。
ビタミンAの多い食品は緑黄色野菜(かぼちゃ,人参,ほうれん草など),レバー,うなぎなどです。

※ビタミンAには摂りすぎによる害(過剰症)がありますが,野菜の中にはβ-カロテンという形で存在し,体の中で必要な分だけビタミンAに作り換えられるため摂りすぎの心配はありません。

ビタミンC
血管や皮膚,筋肉などの材料であるコラーゲンの生成に必要です。コラーゲンが不足すると体の抵抗力がなくなり,病気にかかりやすくなってしまいます。
また,体が免疫物質を作る時にもビタミンCが必要です。
ビタミンCの多い食品は野菜,果物,芋類です。

ビタミンCは寒さや疲労・発熱等のストレスでたくさん消耗するので,風邪の時には多く必要になります。食欲がないときには果汁100%のジュースなどもいいですね。

※過剰症の心配はほとんどないと言われています。




ビタミンE
全身の血行をよくして抵抗力を高める働きがあります。
ビタミンEの多い食品は緑黄色野菜,種実類,大豆製品,植物油などです。

※過剰症の心配があるので,摂りすぎには注意が必要です。

★ビタミンACEはそれぞれ単独でとるよりも,一緒にとることで効果が高まります。しっかり食べて風邪をひかない体をつくりましょう。



ページのトップへ
All right Reserved,Copyright(c)KENMIN KENKO PLAZA KENKO ZOSHIN CENTER