健康メモトップ
健康づくりのための運動基準2005(厚労省案)
 平成18年1月19日、厚生労働省の検討会が「健康づくりのための運動基準(案)」をまとめました。生活習慣病予防のためには、どの程度、体を動かすべきかを示した成人向けの運動基準です。
 今回のポイントは、運動量の目安を、最新の研究をもとに、徒歩や掃除など日常的な活動で示したということです。普段の生活活動を運動として意識してもらうことで、一人でも多くの生活習慣病予備軍を減らすことがねらいです。

 日常生活やスポーツを約100種類あげ、それぞれ最大酸素摂取量をもとに「安静1時間」を1.0とする「運動強度」で基準を示しています。
 生活習慣病予防には、「運動強度が約3.0の日常生活の活動を1日1時間」あるいは、「4.0のスポーツを1週間に1時間」必要としています。
 
 具体的な、1時間あたりの日常生活やスポーツでの運動強度は、以下のようになっています。
 ※30分なら、数値は半分になります。

●日常生活●

料理や食材の準備 2.0 床磨き 3.8 車いすを押す 4.0
●スポーツ● 
ゴルフ 4.5 エアロビクス 6.5 テニス 7.0
 厚生労働省が、よりわかりやすいものを3月までに作成する予定です。
 詳しくは、厚生労働省のホームページをご覧下さい。
    →http://www.mhlw.jp/shingi/2006/01/dl/s0119-5c.pdf
 日常生活の動作も運動です!
 普段の何気ない動作を意識して、生活習慣病を予防しましょう!